2020年以降、全ての食品取扱業者はHACCPの考え方を現場に導入する義務が生じます。

2018年6月、食品衛生法の改正案が可決され、全ての食品等事業者にHACCP(食品等の特性に応じた衛生管理)に沿った衛生管理への取り組みの義務化が決まりました。FSAでは「HACCPに沿った衛生管理」と呼ばれるコーデックス基準のHACCPシステムの現場導入のサポートを行っております。約10ヶ月間をかけてHACCPプランを構築、運用できるスタッフや経営者の育成と、衛生管理意識の高い社内風土やチームを作り上げて参ります。

HACCP(ハサップ)とは Hazard Analysis and Critical Control Point


私たちが日々食べている食品には、時に我々の健康を害する危険性(リスク)が含まれているものがあります。微生物やウイルスなどによる食中毒のリスク。異物混入などによる怪我のリスク。化学物質やアレルギー物質の混入による健康被害のリスクなどです。

私たちにとって「安全な食品」と呼べるためには、このようなもの(危害要因=ハザード)が含まれていないこと、または含まれていたとしても健康を害するレベル以下であることが、まず大前提になります。

食品を製造(調理)し、販売する業者は、人間の健康を害する要因(食中毒菌や異物や化学物質など)が、食品の中に混入したり、残存しないように努める責任があります。 ですが、どれだけ立派な施設で、5S活動などで一般的な衛生管理をしっかり行っても、お客様に提供したり、工場で製造して出荷した最終製品の全てが「安全な食品」であることを、「科学的に証明すること」はなかなか出来ません。

そのような問題を解消してくれるのが、国際的な衛生管理手法である「HACCP(ハサップ)システム」です。HACCPの12手順(7原則)に沿って、現状の分析と対策を進めていくことにより、 皆さんの食品製造現場に存在するリスクを大幅に減らし、合理的かつ客観的に「安全な食品」と呼べるレベルにまでコントロールしていくことが出来ます。
 ⇒HACCPの歴史年表

HACCP導入説明会HACCP導入説明会

ノロウィルス警報発令中!