HACCP導入サポートについて

トップ会員メニュー > HACCP導入サポート

HACCPの導入にお困り、又はご検討中の事業主様へ

低コストで導入可能です。 FSAでは、食品製造における安全管理システムであるHACCP(ハサップ)システムの導入のサポートを行っております。 HACCPシステムの導入を軸として、現場マニュアルの見直し、従業員教育、ヒューマンエラーの元となる現場の行動分析などを平行して行い、 食の安全の土台をしっかりと固めて参ります。食品事故の対応、食品表示法などの指導や、ビジネスリスクの管理、マーケティングやコスト削減のお手伝いなど、 食品取扱業のお困りごと全般に対応させて頂いております。

HACCP(ハサップ)とは

私たちが日々食べている食品には、健康を害する危険性(リスク)を持っている可能性があります。微生物などによる食中毒のリスク。異物混入などによる怪我のリスク。化学物質やアレルギー物質の混入による健康被害のリスクなどです。

私たちにとって「安全な食品」と呼べるためには、このようなもの(危害要因=ハザード)が含まれていないことが何よりの大前提になります。

食品を製造(調理)し、販売する業者は、人間の健康を害する要因(食中毒菌や異物や化学物質など)が、食品の中に混入したり、残存しないように努める責任があります。 ですが、どれだけ衛生管理をしっかり行っても、お客様に提供したり、工場で製造して出荷した最終製品の全てが「安全な食品」であることを証明することはなかなか出来ません。

そういう問題を解消するために生まれたのが「HACCPシステム」です。

原材料の入荷から、お客様に提供されるまでの全ての製造(調理)工程の中で、「いつ」「どこで」「どうやって」危害となる物質が混入(付着)し、増殖してるのかをしっかりと特定し、それらが混入しない手段を講じたり、 既に混入している危害を、人間にとって安全なレベルにまで除去・低減させることが出来れば、お客様に提供する食品が「安全である」ことを科学的かつ客観的に証明することが出来ます。 そして、その除去・低減工程を着実に毎回実行し、記録に残すことによって、最終製品全体の安全性をより高めていくことが出来るのです。

HACCPシステムとは、食品の安全性を科学的かつ客観的にも証明できるように構築された、食品安全の構築システムです。

HACCPとその他の食品安全規格等に関する世界的な動き

基準Aと基準Bについて

HACCPの導入を検討する中で、一度は耳にすることになる言葉が、この「基準A」「基準B」という言葉です。日本国内で食品を取り扱う全ての事業所は、 この「基準A」か「基準B」のどちらかに合わせた対応を迫られることになります。

それぞれの違いを簡単に説明すると、基準Aは「HACCPに基づく衛生管理」と呼ばれ、世界標準の手順に沿ったいわゆる忠実なHACCPプランの運用のことであり、基準Bとは「HACCPの考え方を取り入れた衛生管理」と呼ばれ、 必ずしもHACCPの手順を踏むことは求められませんが、それぞれの現場に合わせた重要管理点の決定とその記録、また衛生計画と呼ばれる現場の衛生状態を保つために関する最低限の計画書の作成が必要になるというものです。

これはHACCPの導入を義務化していく中で、国内の中小企業や飲食店向けには、従来のHACCPよりも緩和した基準を作れないか、ということで、設けられた基準ですが、基準Bに関しては、あくまで日本国内だけで通用する基準であり、色々な問題や課題が含まれております。

まだ何も意識的に取り組んだことがない事業所にとっては、基準AのHACCPの導入であっても、基準Bの衛生管理計画の作成であっても、導入までにはそれなりの時間と、コストと、従業員教育が必要になります。

FSAでは、「基準A(HACCPに基づく衛生管理)」と呼ばれるコーデックス基準のHACCP導入の手順に沿って、それぞれの現場に合わせたHACCPシステム構築のお手伝いをさせて頂いております。製造する食品、取り扱う食材ごとに異なるリスクに合わせて、現在の衛生管理計画に対する妥当性を科学的に検証し、無駄の排除や、生産性の向上なども同時に検討しながら、柔と剛を兼ね備えて、食品の安全性を合理的に確保できることが、HACCPの何よりの魅力です。

一人でも多くの事業主の方に、正しいHACCP、誰にでもできるHACCPを伝えるべく、活動を行って参ります。

HACCP-CARNA(書類作成ツール)について

HACCPシステムの導入には、食中毒を起こす微生物やウィルス、アレルギー物質、混入する恐れのある薬品や異物など、食品に危害を及ぼすものに対する知識と、それらの管理手法に対する一定の見識が必要となりますが、必要な情報はコンサルタントに訊いたり、インターネット上で調べることによって、比較的容易に手に入れることが出来ます。

ですが、必要な情報と、食品の安全性を保つ為に、やるべきことの答えを見つけることはできても、それだけでHACCPシステムが構築できるわけではありません。

「このやり方でうちの食品の安全性は十分に保てている」という根拠(エビデンス)が客観的にも明らかになるように、いくつかの書類を作成して、準備しておく必要があるのです。

HACCP申請書類
ほかにも現場状況に応じて
 ・作業場の見取り図
 ・作業導線図(食品や人の動き方)
 ・一般的衛生管理プログラム(PP)
などの書類作成が必要な場合があります。

HACCPシステムを構築していく上で、誰しもが衝突する最初の壁は、この書類作成です。これらの書類は全て、実際に食品製造に携わる当事者の方が主導して作成する必要があります。

そこで私たちFSAでは、HACCP構築に携わる衛生管理担当者様の、作業的負担が少しでも軽減できるように、HACCPの書類作成ツールをご用意しております。

ハサップカルナ

パソコン、タブレット、スマートフォンなどのブラウザ上で動作する仕組みとなっており、エクセルやパワーポイントなどが使えない方でも、簡単に操作できるようになっております。

HACCP導入に関する無料説明会について(大阪)

食品安全協会
FSAでは、毎週金曜日にHACCPの導入を検討中のオーナー様、衛生管理責任者様に向けた、HACCP導入に関する合同説明会を開催しております。 参加費用は無料となっておりますので、HACCPについてお悩みの方は、まずは当協会の無料説明会にお越し下さい。

出来るだけわかりやすくご説明させていただきます。

開催日と場所
開催日 毎週金曜日(祝日除く)
開催時間 16:00~16:45
参加料金 無料(要予約)
参加対象者 ・HACCP導入をご検討中の方
・HACCPについて知りたい方
対象業種 食品を取り扱う全ての業種
場所 〒542-0082
大阪府大阪市中央区島之内1-13-28
ユラヌス21ビル 2階
 大阪市営地下鉄 長堀鶴見緑地線・堺筋線
 「長堀橋」駅 徒歩5分

 ★参加者全員に『HACCP7原則12手順』の書いた特製クリアファイルを贈呈中(無くなり次第終了)

お問合せ先

お電話 06-6258-6688(平日10:00~17:00)

諸費用について

サービス基本料金(税別)
HACCP構築サポート 1現場につき 3万円(税抜)/月
30万円(10ヶ月)で満額
HACCP構築フルサポート 1現場につき 5万円(税抜)/月
50万円(10ヶ月)で満額

フルサポートサービスでは10ヶ月以内にHACCPの導入が完了しない場合は、当協会のHACCPコーディネーターが、HACCPプランの構築を代行致します。

お問合せ先

お電話 06-6258-6688(平日10:00~17:00)